スタッフ紹介

代表 中山 修

生年月日: 1974年生まれ

出身地 : 鳥取県鳥取市

アイスフラワーアーティスト

 

幼少期から目立ちたがり屋。でも、臆病(笑)

高校時代、家が火事になり、アルバイトで家庭を助けていました。

その頃から、世間の人の優しさや厳しさ、また、情に触れ

あらゆる体験をしてきました。高校卒業後、自動車整備士を経験し、

20才で飲み屋経営(10年)。

23才で花屋開業(現在まで)。

28才で焼き鳥開業(13年)。

35才でBARの経営(7年)。

45才で、株式会社エフ鳥取設立。現在に至る。


フラワーガーデンひだまり、代表の中山修です。

僕は現在、花屋の経営、食用花の生産会社を経営をしています。

 

僕が高校生の頃、実家が火事になり、ある日突然”家”を失ってしまいました。

その後、アルバイトをしながら家計を助け、なんとか高校を卒業することができ、

有名カーディーラーで車の整備士をしていました。

 

花屋を始めたのは、平成9年(1997年)、僕が23歳の時でした。

その当時僕は、末広温泉町で飲み屋を経営していました。

 

まだ繁華街の景気も良く、飲み屋の経営も上手く行っていた頃です。

冠婚葬祭のお付き合いも多く、花屋さんを利用する機会も多かった僕は、

「花ってなんでこんなに高いんだろう?」

「自分が花屋をやれば、もっと安くでボリュームのある花を提供できるんじゃないか?」

「花屋なんてちょろい商売!俺がやれば絶対成功できる!」

そんな軽い気持ちで出店したのが、花屋をはじめたきっかけです。

 

しかし、、、

 

現実はそんなに甘くなく、オープンしてから数年は大赤字が続きました。

 

そこからいろいろな試行錯誤を繰り返し、

どうすればお客様に喜んでもらえる花屋になれるのか?を

日々考え続け、改善しならが現在に至ります。

 

おかげさまで現在は、他店に負けないボリュームが人気の花屋として、

お客様に喜んでいただけるようになって来ました。

 

花屋以外には、28歳で焼き鳥屋にも挑戦。

13年間経営したのち、そのお店は他の人に譲渡しました。

 

そして35歳の時、花屋の2階に、お酒を飲みながらビリヤードが楽しめる”プールバー”を開店。

 

45歳の時には、食用花の育成販売を行う会社、株式会社エフ鳥取を設立しました。

 

これまでの人生で、いろいろなことにチャレンジ、模索する中で、

世間の人の優しさや厳しさ、また、情に触れあらゆる経験をさせていただきました。

 

その出会いの中でビジネス以外にもご縁をいただき、

現在では、鳥取こども子育て応援隊理事長、

鳥取県スポーツ少年団インストラクター指導員、

ホットハートスポーツ少年団代表として青少年育成にも関わっています。 

 

昔から、あらゆる事に、興味を持ち「先ずは、実践」「行動あるのみ」。

チャレンジ精神が旺盛でした。  

「情にもろく泣き上戸」、そして「情に熱くポジティブ」な男です。

 

そんな僕ですが、これからも「人の和」を大切にできる花屋として、

あなたの人生に彩りを添えることができればと思っています。

 

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


資格

アイスフラワー ジェルマスター2級

日本スポーツ協会スタートコーチ(スポーツ少年団)インストラクター資格

小型船舶2級

 


メディア掲載

2020年1月15日 山陰中央新報 ┃ 鳥取の生花店経営者 食用花人気に着目、生産会社を設立
2020年1月16日 産経新聞 ┃ 令和に注目「食べる花」 豊富な栄養素は…

2020年4月3日 農業共済新聞中国版 ┃ 食用花の普及を先導する企業として掲載
2020年5月25日 朝日新聞デジタル ┃ 鳥取)食用花の生産販売会社社長 中山修さん

その他、多くのテレビニュースなどから取材していただいています。


TORAKO(看板猫)

現在、修行中・・・

 

トラ子は、5年前に当店に現れた猫です。迷って来たころは、小さくて痩せていて正直綺麗とは言えない猫ちゃんでした。

いつも、陰に隠れていましたが少しずつ慣れてくれました。

当店の女性スタッフがが、動物好きで子猫との距離が狭まっていったのは事実です。そして、現在。

お客様がご来店すると、必ず顔を出してお出迎えをしてくれています。製作した商品に傷を付けた事は、1度もないんですよ。

とても、優しくてビビりなとらちゃんです。

最後に、とらちゃんの名前は。

生まれてひだまりに来るまでに、色んな旅をして来ただろうから、(男はつらいよフーテンの寅さん」のとらです。

これからも、当店スタッフとしてよろしくお願いします。